LATEST NEWS

  1. 合格者発表 プログラム履修者(3年次編入) H29年4月 / Successful Candidates (3rd-year enrollment) April 2017 update : 2017.5.11
  2. 合格者発表 プログラム履修者(予科) H29年4月 / Successful Candidates (Prep Course) April 2017 update : 2017.5.11
  3. Slides for orientation meeting update : 2017.4.6
  4. 京都大学-琉球大学合同デザインスクール2016 update : 2017.4.6
  5. FBL/PBL 1 テーマ説明会(4月17日) / Guidance Session for FBL/PBL 1 Projects (April 17) update : 2017.4.6
  6. >>> MORE NEWS
PAST NEWS
Event Information
  1. 平成29年度イベントスケジュール 平成29年度のイベントスケジュールです。今年もさまざまなイベントを企画しています。... more
  2. デザインワークショップ / Design Workshop デザイン思考で創造性を呼び覚ます
    Rekindling Your Creative Confidence through Design Thinking
    2017年4月8日(土)14:45~16:45 / April 8 (Sat) 14:45-16:45 デザイン思考を体験するワークショップです。新入生の方にはデザイン思考を手軽に体験し理解できる機会ですので、奮ってご参加ください。

    This two-hour workshop will take a deep,practical dive into design thinking, with a special focus on building a strong foundation of empathy with others. This is a great opportunity to gain an intimate understanding of design thinking for the incoming students and also for existing students to energize themselves for the new academic year. ... more
  3. デザインフォーラム ビジネスデザインシリーズ vol.11 「グローバルプロジェクトを成功に導く仕事術、組織、人材とは
    〜国際宇宙ステーション 日本実験棟「きぼう」(JEM)の開発/
    運用プロジェクトマネージメントを省みて〜」
    2017年3月29日(水)17:30~(19:00頃から懇話会・有料) 場所:京都大学 デザインイノベーション拠点
    講演者:今川 吉郎氏((元)JAXA、特任参与 / 有人プロジェクト独立評価チーム長)

    第11回目を迎えますビジネスデザインシリーズですが、今回は、「極めてクォリティの高い仕事を、グローバルプロジェクトとして如何に成功に導くか」という興味深い視点から、(元)JAXA、国際宇宙ステーション 日本実験棟「きぼう」(JEM)の開発/運用プロジェクトマネージャなど、要職を務めてこられました今川吉郎氏に登壇頂きます。... more
  4. Design School Official Event International Design Symposium in Kyoto 2017 (IDS Kyoto 2017) March 16-17, 2017 (Thursday and Friday) Date: March 16-17, 2017 (Thursday and Friday)
    Place: Clock Tower Centennial Hall, Kyoto University
    Theme: "Towards Establishing International Standardization of Design Education"... more
  5. Design School Official Event LTT (Lines behind Time and Text) シンポジウム 2017年3月14日(火)15:00~18:00 場所:京都大学 百周年時計台記念館 ホールI (2階)

    本シンポジウムでは、タイムスタンプや文章での言及といった時間情報を有する大量のテキストデータとのインタラクションを通して、出来事や概念の変遷、来歴、経緯や由来といったものを読み取るということをテーマとします。... more