LATEST NEWS

  1. デザインのちから #1 ~Multi-aspect thinkingのすすめ~ update : 2016.7.20
  2. Kyoto University Design School Collaboration Symposium Part2
    いま、ここから世界の変革が始まる:協働社会に向けたソーシャルイノベータの挑戦
    "Global Change begins here now: social innovators challenge towards collaborative society"
    update : 2016.7.20
  3. 京都大学サマーデザインスクール2016 参加者募集中
    Summer Design School: Registration is now open
    update : 2016.7.14
  4. 平成28年10月 履修者・3年次編入者募集/ Student Recruitment (Prep course and 3rd year enrollment) update : 2016.7.7
  5. 【募集開始予告】サマーデザインスクール2016 update : 2016.6.28
  6. >>> MORE NEWS
PAST NEWS
slide02
top_slide007
top_slide02
top_slide06
top_slide00
Important Information / 重要なお知らせ
Admission
入試情報
Event Information
  1. デザインスクール公式イベント 京都大学サマーデザインスクール2016 参加者募集中
    Summer Design School: Registration is now open
    2016年9月7日(水)~9日(金) sds2016_poster_small夏の恒例イベント「京都大学サマーデザインスクール」を、
    9月7日(水)~9日(金)に京都リサーチパークにて開催します。
    現在、参加者募集中です。気になるテーマが満席にならないうちに、お早めにお申し込みください。... more
  2. KRP WEEK Kyoto University Design School Collaboration Symposium Part2
    いま、ここから世界の変革が始まる:協働社会に向けたソーシャルイノベータの挑戦
    "Global Change begins here now: social innovators challenge towards collaborative society"
    2016年8月2日(火) 13:00~15:30 KRPWeek_20160802_s世界はいま、高度な市場経済から高度な協働社会へと転換する途上にあると言われています。... more
  3. デザインスクール共催イベント KRPワンコイン Mixer Session 1
    「特産弁当で京北地区を活性化する」
    2016年8月3日(水)12:00~13:00 onecoin_mixer_ss場所:京都大学 デザインイノベーション拠点

    京都大学デザインスクールと入居企業様との交流の場として開催してきた「ワンコインランチ」が装いも新たにパワーアップ!... more
  4. デザインスクール主催イベント デザインのちから #1 ~Multi-aspect thinkingのすすめ~ 2016年8月11日(木・祝)14:00~17:00 DW_20160811_s場所:京都大学 吉田キャンパス デザイン学ユニット デザインファブリケーション拠点 (下記地図58番最北)

    デザイン学ユニットが主催するイベント(デザインワークショップ)として、「デザインのちから」を開催します。... more
  5. Design Visions "PROGRESS TESTING AND DEEP LEARNING" and
    "COMMUNICATION AND EXPLANATORY FRAMEWORKS"
    Friday, July 22, 2016  16:00-19:00 Location:The 2nd conference room, 1st Floor Faculty of Education Main Bldg., Kyoto University

    Progress Testing involves the use of a large common questions bank aimed at assessing all students in a programme against the entire degree course graduate outcomes. Therefore, students in all years of study ?... more