LATEST NEWS

  1. 学生ワークショップ「景観資源としてのタテカンを考える」 update : 2018.7.27
  2. 農業機械製造から農業経営のソルーション提供へ向けて update : 2018.7.26
  3. “Sustainability and scientific workflows: eternal components, changing interfaces, varying compositions, evolving knowledge” update : 2018.7.23
  4. Summer Design School 2018 参加者募集中
    Registration is now open
    update : 2018.7.17
  5. デザイン学履修者・3年次編入者募集/ Student Recruitment (Prep course and 3rd year enrollment) update : 2018.7.10
  6. >>> MORE NEWS
PAST NEWS
Important Information / 重要なお知らせ
Admission
入試情報
  • 2018/07/10
    デザイン学履修者・3年次編入者募集/ Student Recruitment (Prep course and 3rd year enrollment)

  • Event Information
    1. デザインスクール公式イベント Summer Design School 2018 参加者募集中
      Registration is now open
      夏の恒例イベント「京都大学サマーデザインスクール」を今年も開催します。
      ... more
    2. デザインレクチャー2018 SeasonⅠ 予測不可能な世界を生き抜くための企画・デザインの発想を学ぶ 2018/5/18・6/15・7/20・9/21 場所:京都リサーチパーク

      京都大学デザインスクールで実際に行われている講義を中心に、企業向けに再編したレクチャーシリーズを開催します。

      第1回 人工物のデザイン     5月18日(金)
      第2回 サービスのデザイン    6月15日(金)
      第3回 表現と認知        7月20日(金)
      第4回 まちづくり(matidukuri)  9月21日(金)... more
    3. デザインフォーラム ビジネスデザインシリーズ vol.16 農業機械製造から農業経営のソルーション提供へ向けて 2018年10月9日(火)17:30~(19:00頃から懇話会・有料) 場所:京都大学 デザインイノベーション拠点(KRP9号館)
      講演者:苅田 広氏(ヤンマー株式会社・技術顧問、元 ヤンマーホールディングス株式会社・代表取締役)

      今回は、「食料生産」や「エネルギー変換」などの分野でさまざまな社会課題解決に貢献され、また、これらを通じて培った先進テクノロジーで持続可能な資源循環型社会の実現に向けて社業を展開されている「ヤンマー㈱」様にご登壇頂きます。... more
    4. デザインワークショップ / Design Workshop 学生ワークショップ「景観資源としてのタテカンを考える」 2018年7月30日(月) 13:00-18:00 場所:京都大学 デザインファブリケーション拠点... more
    5. Design Visions “Sustainability and scientific workflows: eternal components, changing interfaces, varying compositions, evolving knowledge” July 27, 2018 (Friday) 17:00-18:00 Place: 211, Seminar room, Research Bldg No 10, Kyoto University
      Lecturer: Prof. Dr. Tiziana Margaria (The University of Limerick)

      ソフトウエアデザインと科学的ワークフロー設計に関するセミナーを開催する。
      We describe how scientific application domains are characterised by the long-term availability of the basic computational components, and how software systems for managing the actual scientific workflows must deal with changing service interfaces and varying service compositions. ... more