1. Overview
    概要
  2. Forthcoming Events
    これからのイベント
  3. Past Events
    過去のイベント
  4. Summer D.S.
    サマーデザインスクール
  5. Spring D.S.
    スプリングデザインスクール
  6. D.S. in Okinawa
    デザインスクール in 沖縄
  7. D.S. in Hong Kong
    デザインスクール in 香港
デザインフォーラム ビジネスデザインシリーズ vol.15

「100年企業、変革への挑戦」
~「モノ」から「コト」へ 「コト」から「ユメ」へ ~



今回は、コンシューマ向けのプロダクツビジネス(B to C)でなく、センシング/計測/制御分野の先進テクノロジーを駆使し、多くのデータを分析・活用しながら、様々な業種の工場管理/運営やソリューション提供を行うことを主たるビジネス(B to B)として、成功裏に展開されております横河電機(株)様にご登壇頂きます。
創業100年を超え、更に顧客の夢を叶えるサービス事業にチャレンジされる該社の理念や将来展望、戦略、事業、人材などの視点から、トップの生の声を直接届けて頂きます。

日時:2018年6月4日(月)17:30~(19:00頃から懇話会・有料)
場所:京都大学 デザインイノベーション拠点(KRP9号館)

講演者:西島 剛志氏(横河電機株式会社・代表取締役社長)

講演概要:
AI/IOT/Big Dataなどのデジタルテクノロジーは凄まじいスピードで日々進化し続けており、産業構造とビジネスのあり方を根本的に変えるほどの影響力を持っている。我々は、この破壊的な技術革新の波に飲み込まれてしまうのではなく、これを活用して自らの手でイノベーションを起こさなければならない。
当社は、1915年の創業以来、社会や経済が変化する中で自らを変革し続け、計測から制御、情報へと領域を拡げながら時代に必要な技術を届けることで産業の発展に貢献してきた。そして今、パラダイムシフトとも言える大変革期の真っただ中で、従来からの計測・制御機器の製造・販売というモノづくり志向から、お客様のビジネス課題の解決を通じてお客様の夢を叶えるサービス事業への変革に挑んでいる。
今回の講演では、歴史を重ねた企業だからこそ直面する変革の困難さや苦労話も交えながら、現在進行中の手探りの取り組みの一端を紹介し、VUCA(*)と言われる近未来ですら予測不可能な世界で、我々企業がいかに勝ち残りへの道を探るべきかを、皆様と一緒に考えてみたい。

(*)VUCA(ブーカ):Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字を取った言葉。現代の企業や個人のおかれた環境を表現するキーワードとして使われている。

対象:京都大学教員・学生、デザインイノベーションコンソーシアム会員、一部招待者

定員:40名程度

参加費:無料(懇話会 1,000円)

申込: 5月28日(月)締切。下記よりお申込みください。
   https://pro.form-mailer.jp/fms/d33a0e3b141721

主催: 京都大学デザイン学大学院連携プログラム
    デザインイノベーションコンソーシアム

問い合わせ:デザインイノベーションコンソーシアム 事務局
      京都リサーチパーク(株)松浦
      info[at]designinnovation.jp([at]を@に変えてください)
      075-315-8522


bizdesign-vol15フライヤー