1. Overview
    概要
  2. Forthcoming Events
    これからのイベント
  3. Past Events
    過去のイベント
  4. Summer D.S.
    サマーデザインスクール
  5. Spring D.S.
    スプリングデザインスクール
  6. D.S. in Okinawa
    デザインスクール in 沖縄
  7. D.S. in Hong Kong
    デザインスクール in 香港
Design Visions

"Designing Homework to Achieve Better Learning Outcomes in Compulsory Education"
-義務教育で学習成果を上げる宿題のデザインー


講師:Natalia Suárez Fernández (Assistant Professor, The University of Oviedo, Spain)

日時:2017年6月30日(金)16:30~18:00
場所:教育学研究科本館 2階 216号室 
   教育学研究科のアクセス

プログラム:
16:30-17:00:大学院生との議論
17:00-18:00:講演と質疑応答
※講義等すべて英語で行われます。

世話人:Emmanuel Manalo(京都大学大学院 教育学研究科・教授)

主催:京都大学デザイン学大学院連携プログラム

問合わせ先:manalo.emmanuel.3z[at]kyoto-u.ac.jp([at]を@に変えてください)
       Emmanuel Manalo(京都大学大学院 教育学研究科・教授)

リンク:教育学専攻 教育認知心理学講座

概要:
Nowadays, homework is a debated issue in Spain. Parents, teachers and students have different opinions regarding homework tasks and their usefulness is being disputed. Homework is a tradition in students’ and teachers’ lives. Most students have to do homework everyday and sometimes we do not know if students’ involvement – the quantity of tasks students do, the time they spend on homework, and how they manage that time – is related to their results on academic achievement. Besides, not only students are involved in homework. Parents and teachers also participate in the process and their attitudes and involvement could determine how students do their homework and their academic outcomes. The questions we have tried to answer in recent years are: Is homework useful? What is its relationship with academic achievement in compulsory education? What changes should we implement in the homework design and completion process? We have conducted different studies with Spanish and Portuguese populations to better understand student, teacher and parent variables involved in homework.

近年、宿題はスペインで論争の的となっている。宿題に対し保護者・教師・生徒/学生が異なる意見を持ち、宿題の意義について議論が行われている。生徒/学生と教師の生活において宿題は慣習である。ほとんどの生徒/学生が宿題を毎日しなければならないが、生徒/学生の課題量、費やす時間、その時間の管理といった彼らの関与が、学業成果につながっているのかどうか、我々には不明である。また、生徒/学生のみが宿題に関与しているのではない。保護者と教師もプロセスに参加しており、彼らの態度や関与度が生徒/学生の宿題の仕方を、引いては学業成果を左右しうる。そこでここ数年われわれが疑問に思い答えを出そうとしていることは、宿題は役に立つのだろうか?義務教育において宿題と学業成果の関係はどうなっているのか?宿題のデザインと宿題に取り組むプロセスの何を変えるべきなのか?といったことである。スペインとポルトガルで、宿題に関する、生徒/学生・教師・保護者にかかわる要因を解明するために異なる調査を複数行った。


onecoin_lunch18フライヤー