1. Overview
    概要
  2. Forthcoming Events
    これからのイベント
  3. Past Events
    過去のイベント
  4. Summer D.S.
    サマーデザインスクール
  5. Spring D.S.
    スプリングデザインスクール
  6. D.S. in Okinawa
    デザインスクール in 沖縄
  7. D.S. in Hong Kong
    デザインスクール in 香港
デザインフォーラム ビジネスデザインシリーズ vol.18(政策デザインシリーズ(特別編)との共同開催)

日本人と改革

今まで、ビジネスデザインフォーラムでは、様々な産業の業態や課題、そして将来展望などに関し、企業幹部自ら語って頂きましたが、今回はガラッと趣を変え、齋藤 健氏(衆議院議員 前農林水産大臣)に登壇頂くこととなりました。
経済産業省時代、独自の視点からの研究をもとに記された自著「転落の歴史に何を見るか」(ちくま文庫)は、近代史の追究のみならず、そこには、‘組織とは、人材とは、教育とは、改革とは、—’等々、今なお私たちが直視せざるを得ない課題が凝縮されています。
様々な分野で改革・イノベーションが叫ばれる今の時代に向けて、自らの多分野にわたる経験を踏まえながら、これらの課題に触れつつ、標記講演テーマのもと、大いに語って頂きます。
企業の方々、大学関係の方々、公的機関の方々、奮ってご参加ください。

日時:2019年3月18日(月)17:30~(19:15頃から懇話会・有料)
場所:京都大学 デザインイノベーション拠点(KRP9号館5階)

講演者:齋藤 健 氏(衆議院議員 前農林水産大臣)

講演概要:
 日露戦争から第二次世界大戦に至るまでの歴史は、実は、右は国家改造思想から左は共産思想まで、日本人自身が改革に奮闘した時代であった。にもかかわらず、最悪の結果を迎えた。それはなぜか。その背景には明らかに日本人の持つある特質が存在している。それは何か。しかもそのことを追及していくと、遠因は古代史にまでさかのぼる。独学での歴史研究、海外との厳しい交渉、そして日本の政界の中で見てきているもの、そういったものから見えてくる改革の時代の日本人のあるべき姿について率直にお話ししたい。

対象:京都大学教員・学生、デザインイノベーションコンソーシアム会員、一部招待者

定員:50名程度

参加費: 無料(懇話会2,000円)

申込: 事前登録要、3月11日(月)締切。満席になり次第、募集を締め切ります。
   https://pro.form-mailer.jp/fms/953dcf6f160601

主催: 京都大学デザイン学大学院連携プログラム
    デザインイノベーションコンソーシアム

問い合わせ:デザインイノベーションコンソーシアム 事務局
      京都リサーチパーク(株)松浦、長田、松本
      info[at]designinnovation.jp([at]を@に変えてください)
      075-315-8522


bizdesign-vol16フライヤー