1. Faculty
    教員
  2. Student
    学生
  3. Staff
    スタッフ

Toshihiro Hiraoka / 平岡 敏洋

Assistant Professor, Department of Systems Science, Graduate School of Informatics, Kyoto University

情報学研究科 システム科学専攻・助教

PROFILE

Research Field

人間機械系、ヒューマンインタフェース、生態学的インタフェース設計
Human-Machine Systems, Human Interface, Ecological Interface Design

 

Research Topic

運転支援システム、運転者行動分析、不便益、運転行動のモデル化、交通心理学
Driver-Assistance System, Driver Behavior Analysis, Further Benefit of a Kind of Inconvenience, Modeling of Driving Behavior, Traffic Psychology


MESSAGE

私たちの身近に存在する代表的な人間機械系 (HMS: Human-Machine Systems) の一つに,運転者-自動車系 (Driver-Vehicle Systems) があります.自動車が自動走行するのではなく運転者が操作して動かすものである限り,自動車単体や道路環境に安全な仕組みをいくら導入しても,系全体としての安全性は「運転者自身がどのように振舞うか?」によって決まります.つまり,単に運転操作を代替し,ドライバの負担を軽減するだけでなく,ドライバの安全運転に対する意識を高めることが必要不可欠です.そこで,車両運動制御,生態学的インタフェース設計論,不便益,心理学,ゲーミフィケーションなど様々な分野の知見を活用しながら,ドライバに安全運転を促すような支援システムのあり方を研究しています.

 


LINKS